INDIES SOUND TERMINAL
:: CONTENTS MENU

:: バンド活動講座

:: ブックマーク

.

TOP : Mixture :  Total:15

Sort:  アーティスト名 () Date () ヒット数 ()
Sort: Date (New→old)

1 - 10 (1) 2 »



BIG BAND   

BIG BAND
2007年8月31日、主宰者のちけぞうが、YAMAHAの運営するMySoundに「プレ王内で活動する超巨大バンドに参加&プロデュースするコミュ」を創設。そのコミュを母体として生まれた、ネットをメインに活動するバンド。

ちけぞうやCHapter5、慶(兎月)といった実力者を中心に、これまでに数多くの作品をリリース!現在も、新メンバーを迎え、活発な制作が行われている。



SUGAR CROWN   

SUGAR CROWN
湘南発!
次世代ミクスチャーバンド、SUGAR CROWN。

2007年9月結成。
Vo,Gt,Ba,Dr,DJ
からなる5人編成のロックバンド。

R&B,HipHop,Funk,WorldなどをMIXし、ジャンルの壁を越えた音を放つ…



Fanculo-51   

Fanculo-51
ヘヴィロック好き、この指とまれ!



VEXTIRBE   

VEXTIRBE
東京発、進化していくリアルなミクスチャー・スタイル。真実を追求するメッセージ性に満ちたリリックが描く世界観は時に激しく、また時に優しくダイレクトに響きわたる!



Abikyokan   

Abikyokan
ABIKYOKAN:
Jake Arntson(ジェイク・アーントソン)-Vo, Tp, Bass
Grant McGaheran(グラント・マクギャハラン)-Vo, Keys, Sampler
Goat (ゴート)-Vo, Keys, Bass, Device

“イギリスには、ストーンズやツェッペリン、スロッビング・グリッスルがいた。アメリカにはマイルスとMC5が、俺達は東京の本当の救世主になり、21世紀の新しい電気のジャズを広めるのさ。”

Abikyokan(アビキョウカンと発音します)はシンセサイザーと、エレクトロ・ノイズと、ピュアなアティチュードを備えたシェフィールド、シアトル、千葉出身の全く新しい形のロックンロールグループだ。
2005年の1stアルバム「Delayer(ディレイヤー)」はプログレッシブなニューウェーブのダビーな冒険だった。2006年10月に発表された2ndアルバム「Zuper(ズーパー)」では彼らが本当の新しい現代音楽へ踏み出した瞬間を捉えたものになっている。

Text by Z13.



暴奏カルキュレーター   

暴奏カルキュレーター
都内を中心に活動するジャンル無用の『暴奏ROCK』バンド!LIVEも正に『暴奏』という言葉がピッタリ!まずは試聴して下さい。そして実際LIVEで体感!

現在、NEW EP『Basic Style of Composite』がLIVE会場にて絶賛発売中です!
全6曲入りで何と300円!アラ安い♪



SKELT 8 BAMBINO(スケルト エイト バンビーノ)   

SKELT 8 BAMBINO(スケルト エイト バンビーノ)
1MC+2VO.+3Composerからなる6人組ミクスチャーPOPバンド。
ケツメイシ、HY、DefTech、オレンジレンジ、Dragon Ash、ミヒマルGTなどと同じジャンルにカテゴライズされるが、それらどのグループより音楽的かつ哲学的な教養が深い。
「分かり易く 奥深く」をポリシーとするS8Bから放たれる極上のPOPSは「質・内容」ともに国内トップレベル。



Viva Feel Good   

Viva Feel Good
大阪で活動している2MC必見のバンドです(●^o^●)よろしくですぅ★



BLIZZARD CANON   

BLIZZARD CANON
 去年1STアルバム「MIDGALD」をリリースし間髪いれず今年の初めに1STシングル「極冷砲」をリリース。
 北海道札幌を拠点としライブ活動を行っている。
攻撃的なパフォーマンスと無尽蔵のスタミナを思わせる激しい動きは人々の視線をとらえてはなさない。
 BLIZZARD CANON略してブリキャノの世界に酔いしれろ!



DISCOGRAPHY-xero   

DISCOGRAPHY-xero
名古屋を中心に活動するデジタルミクスチャーバンド。ハードなサウンドながらも哀愁を漂わせ、しっかりとしたメロディーをのせるサウンドが特徴的。05年10月には大先輩であるUVERworldと共演を果たし大好評を得る。様々な他ジャンルのアーティストとの共演をきっかけに、ますます音楽性の幅を広げてきている彼らのサウンドは誰も知らない境地へと突き進んでいくであろう



1 - 10 (1) 2 »





.